仮想通貨テラ(LUNA)暴落で価値喪失6.5兆円!たった1週間で紙切れに。。。騒動について徹底解説!

ゆるふわ
ゆるふわ

こんにには♪ようこそゆるふわ仮想通貨部へ!

今回は歴史に残る騒動となった『仮想通貨テラ(LUNA)暴落』について徹底解説していきます!

仮想通貨テラ(LUNA)とは?

Terra(LUNA)とは、米ドルや韓国ウォンをはじめとした各国の法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」を発行するプロジェクトです。

将来は国境を超えたEコマースでの利用を目的としており、仮想通貨界の「PayPal」になることを目指しているとも言われています。

Terraが発行するUST(ステーブルコイン)が発行されるほどにガバナンストークンであるLUNAがBurn(焼却)される仕組みとなっており、2021年は多くの仮想通貨の中でも大きく価格を上昇させた銘柄となりました。

TERRA LUNA

仮想通貨の購入はBYBIT

特典もらえる招待コード:30615

BYBIT公式サイトはコチラ

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに!なぜ崩壊したのか?

今回のルナの暴落は、ステーブルコインであるテラUSD(UST)で起きた異変がきっかけでした。

ステーブルコインとは法定通貨と価値が連動するように設計された仮想通貨を指します。

USTでは、米ドルの価値と連動するよう作られていたが、5月10日に入って急落。一時は1USTが0.3ドルまで下落し、連動が完全にはずれてしまったのです。  

なぜ、USTはドルとの連動が外れてしまったのか。。。

それを探るには、USTがどんな仕組みでドルと連動しているのかを知る必要があります。  

通常、テザーUSD(USDT)やUSDコイン(USDC)などのステーブルコインは、裏側に同額の法定通貨を保有することで、価値を保証しています。発行元には必要なドルが保管されていて、1USDCを発行元に持っていけば、1ドルで買ってくれる。これが、ステーブルコインの価値をドルに連動させる仕組みです。  

一方で、USTでは法定通貨を保有するのではなく、仮想通貨のルナを準備金として用意したところに工夫がありました。つまりUSTを持っていけば、時価で1ドル相当のルナがもらえるわけです。

もしUSTが0.9ドルで売られていたら、それを買ってルナに替えれば、1ドル分のルナが手に入る。これはノーリスクで0.1ドルを手に入れられるということ、USTが1ドルを下回っていたら、たちまち買い手がついて1ドルまで上昇するはずなのです。こうした行動をアービトラージといい、アービトラージを行う人によって平常時はUSTが1ドルを維持していました。  

クラッシュ直前のUSTの発行量は185億ドル(約2兆4000億円)分。一方でルナの時価総額は300億ドル(3兆6000億円)前後で推移しており、仮にUSTがすべてルナに替えられてもルナには余裕があるはずでした。

コインマーケットキャップより

仮想通貨の購入はBYBIT

特典もらえる招待コード:30615

BYBIT公式サイトはコチラ

SNSでの反応は?破産者続出?

ゆるふわ
ゆるふわ

破産者続出。。。各種仮想通貨取引所もいきなりの上場廃止と混乱が巻き起こりました。。。

仮想通貨の購入はBYBIT

特典もらえる招待コード:30615

BYBIT公式サイトはコチラ

仮想通貨全体の相場が大暴落。。。

ルナ・テラ事態は全世界仮想通貨市場の不安感を煽り投資家の売り行列を呼び起こしました。。。

ビットコイン価格が16か月ぶりに最低値を記録し、時価総額2位の仮想通貨であるイーサリアムも2000ドル台が崩れ、昨年7月以降最安値を記録。

13日、両仮想通貨の価格は前日比やや回復しましたが、市場不安は続いています。。。

コインマーケットキャップ

仮想通貨の購入はBYBIT

特典もらえる招待コード:30615

BYBIT公式サイトはコチラ

YouTube『ゆるふわ仮想通貨チャンネル』配信中

ゆるふわ
ゆるふわ

初心者の方にでも分かりやすく、YouTubeで解説しています♪

ゆるふわ仮想通貨チャンネル

各種SNS

◆Twitter

ゆるふわ仮想通貨チャンネル

◆インスタグラム

◆note

◆TikTok

ゆるふわ
ゆるふわ

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA